2013年12月30日

今年の最後に

今年もたくさんの出会いがありました。心から感謝いたします。


12月22日。 最終時間に急患でいらした患者さんの話です。

翌日は長女さんの結婚式。 ヴァージンロードを娘さんと歩かなければなりません。

なのに、なのに、

ぎっくり腰で体がまっすぐになりません。



こんな時、読者の先生方も患者さんも経験あると思うのですが、

治療をしても翌日は動けなくなることが有ります。

もちろん、治療しなくても翌日動けないことが有ります。



私に求められているのは、翌日に全部治っていることですが、なかなかそうはいきません。

ゼッタイに避けなければならないのは、上記の通り、翌日動けないこと。


介入(治療)しなければ良くならないし、介入し過ぎると最悪の事態が起きます。


久しぶりにスリリングな仕事でした。


その方が本日、再来院していただきました。


立つ時や座る時と、歩き出しの2〜3歩が痛かったですが、無事に務められたそうです。


私「主賓のスピーチの時とか、たしかご両親も立ったまま聞いているんでしたっけ?」と聞くと、


「立ってお迎えして、また座って、終わったら立つのですが、立ったままの方が楽でしたね〜」笑


笑い話にできて、これが最高の結果だったと思います。


さあ、今日は介入しすぎても、正月休み中、寝ておいてもらえばいいのだから・・ニヤリ。

な〜んて。 

もう痛みもだいぶ軽減しているので、より良くなって楽しいお正月を迎えていただきましょう。



それにしても、娘を嫁がせる父親って、やっぱりなんか普通でいられないんでしょうね。

まさか前日にぎっくり腰だなんて。


私も何年か後に、そうなるんですね・・・・・



それにしても、

今日は早めに終わらせようと思っていたのですが、

後から後からぎっくり腰の患者さんからの電話が来ます。


楽なお正月を迎えられるように、もうひと頑張りいたします。
posted by 島崎 広彦 at 16:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月21日

他人と過去は変えられない

たまには仕事のお話を。

といっても、いきなりゴミ箱の写真ですが。

写真 (79).JPG


この中に、グチャグチャに潰されて捨てられたA4サイズ7枚分のレポート。

ある患者さんが受診前に郵送してくださった既往歴の詳細です。


過去の出来事、苦しかった状況、受けた治療、様々な情報が整然と書いてありました。


本日、初めての受診でしたが、いろいろお話して、

治療方針を考え、実際に治療も受けてみて、そこで気づかれたみたいです。


「過去のせいにしている」 「他人のせいにしている」

それに気づいた事で行動が変わりました。


「私は過去や他人の犠牲ではなく、今と未来を考えて生きていきます。」


そう言って、自ら書いた過去の履歴をグチャグチャと握りつぶして、

ゴミ箱にポイッと。 

マインドブロックが外れてスッキリした表情で帰って行かれました。


私も、もしタイムマシーンがあったら、もどってやり直したい過去がたくさんあります。

でも、私なんてバカだから過去の履歴と記憶を消し去ったら、未来に同じ過ちをすることでしょう。


だけどまあ、ありがたいことに過去は変えられない。
タイムマシーンもできそうにない。

何よりも、それらの過去があるから今がある。


「人は確かに過去の産物ではあるが、自らが選択しない限り、
 
  過去の犠牲になることはない。」    精神科医 ウイリアム・グラッサー 


今日の I さんもこのままずっと前向きに行けるかというと、

やっぱり日常の中には、フッと落ち込む時があるでしょう。


その時に、この写真を見て今日の気づきを思い出してくれたらと、

ブログの記事にしてみました。


何が悪かったかを思い出すよりも、これからどうしたいかを考える方が楽しくないですか?


オフィスシマザキがこのレポートを大切な資料として、
毎回使うカルテに挟んで保管しているようなスタイルだったら、
今まで行った治療院と同じよいうに、何も変わらなかったと思います。

きっと治りますよ。 I さん。

(ちゃんとシュレッダーにかけて、捨てておきますね。)
posted by 島崎 広彦 at 15:14| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月13日

火の用心

探していた昭和39年式のスクーター、ラビットが手に入りました。

外装はキレイですが、もう何十年も動かしていないという状態。


ガソリンタンクからエンジンまで、燃料のラインを清掃して詰まりをとって、

発火系統を調整して、あちこち動かない場所にはたっぷりオイルを注いで、

ようやくレバーやワイヤーが動くようになり、

昨日は待望の火入れ式。


おかげさまで元気にエンジンがかかりました〜。 達成感〜。



やっぱり、直して直らないバイクはない。


しかし、

その後も気になる汚れを、石油や洗浄スプレーなどを駆使して落としていたら、

何故か引火して、オイルまみれにしていた車両火災へと。
 

「ウサギの丸焼きだ〜」


危うく消火器で消し止めましたが、かなりの部分が焼けてしまいました〜。



乾燥したこの時期、みな様も、火の元にはくれぐれもご注意ください。


(燃えている写真がなくてすいません。)


でも、このラビットを大切に直しますよ〜。 


仲間が付けてくれたキーホルダー。
当日使った消火器のピンです (笑)


写真 (78).JPG
posted by 島崎 広彦 at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記