2014年05月31日

一昨日行った大島からご来院

第一回伊豆大島出張治療を受けて頂いて、劇的に足のしびれがなくなったのですが、

第二回の一昨日は、お仕事の都合で来ていただけなかったので、ご両親と弟さんだけ治療してきました。


一晩泊まっていたのですから、仕事が終わってから、それこそ夜中でも良かったのに、

そこは遠慮深い大島の方々ですから、気を利かせてくださったみたいです。


こうして並んで写真に写ると、色は黒いし、洋服は藍染めだしで、

私のほうが島の人みたいですね。

写真 tuge.JPG


「完全装備の私のオフィスで受けるアジャストメントはまた違うでしょ〜。」

  と、言いたいところをグッとこらえるのが大変でした。


実は大島の元町近くに目をつけた店舗物件があるので、

浜岡先生に買ってもらって、しっかりと設備を整えたいですね。
posted by 島崎 広彦 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月30日

第2回 伊豆大島出張治療

昨日の朝一番の飛行機で調布から伊豆大島へ。

3月に慰霊と出張治療治療に伺って、ちょこっと好評だったので、
また行ってきました。

写真 4 (5).JPG



長年通ってきくださっている下司さんと、写真左は地元大島の鍼の先生で、
東京まで上部頚椎カイロプラクティックを学びに行っている浜岡先生が
コーディネートしてくださいました。

写真 3 (11).JPG


治療予定人数が28名 前回が15名ですから、約2倍。

この写真の方も喜んでいただけました。

写真 2 (18).JPG


私達のような技術職の良い所は、体一つでボランティアができることですね。

もちろん、設備が整っていないので、いつもの効果とは違うのは確かで、
まあ、半分ぐらいかな〜と思っていたら、それ以上の良い結果が出せて嬉しいことです。

カイロを学び始めた浜岡先生が、
私がどれだけ高度な技術を駆使しているか、それにはどんなに集中力が必要か、
という様な事を下司さんに熱く語っていたので笑ってしまいました。

「そんなことはなくて、慣れと、ちょっとのコツなんですよ。
  もう25年やってますから。 そのコツって言うのはね。」

そうやって久しぶりに技術指導できるのも楽しいです。


もう1回ぐらい、行ってみようかな〜。
posted by 島崎 広彦 at 18:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月23日

天才作家 さくら剛さん

天才作家 さくら剛さん 今日も来院してくださいました。

「当初は全身が痛くて、とても文章を書ける状態じゃなかったですが、
 先生のおかげで、助かりました。」

と、新刊の

困ったココロ

という心理学の本を頂きました。 

写真 sakura.JPG


前々回はこれも最新刊で初めての小説

俺は絶対、探偵に向いていない

を頂きました。


元々は旅行記で爆発的な大ヒットを記録したのですが、
作風は変わってもさすがさくら剛さん。

さくらワールドと言うよりも、新たなジャンルを創造したと思います。


一行一行に全くスキがないです。
偏った視点でピックアップした主人公を、
あらゆる視点から笑える文章を入れ込んできます。

頭を柔軟にしてくれるさくら剛さんの著書です。

皆様も一度手にとって、目を通してみてください。

笑えます。
posted by 島崎 広彦 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記