2014年08月26日

エー・エル・エル って?

昨日は朝からTシャツにメッセージを書きました。

ALSは10万人に1人の確率。 私が元気なのは1人の患者さんおかげ。

そんな気持ちでアイスバケツチャレンジをさせていただきました。
写真 (87).JPG


そんな1日でしたので、どうも頭のなかはALSになっています。

そんな中、同じようなメッセージをプリントしたTシャツ姿の患者さんがご来院くださいました。

あれ? ALS じゃないの?
ん〜? ALL ってなんだろう?

写真 (88).JPG


あっ オールだ! オール イズ フェア 全てが公平。

気がつくまでに2分ぐらいかかりました。 その間、

「なんだかこの先生は私の胸元ばかりジーっと見て気持ち悪いな〜」 

と思われた事でしょう(笑) 言い訳のブログでした。
posted by 島崎 広彦 at 12:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月25日

賛否両論の中

写真 (63).JPG

ALS (筋萎縮性側索硬化症)のチャリティで行われているアイスバケツチャレンジの指名をいただいたので、チャレンジと募金をいたします!

この病気は10万人に1人〜2人と言われる発症率です。
私の患者さんにも3名いらっしゃいます。

このキャンペーンにはWEB上でいろいろ議論あるようですが、
それでも自分自身がALSにかかっていない人達だから出来る議論でしょう。^_^ 

10万人に1人の確率。これを言い換えれば、
1人の患者さんのお陰で、私達9万9千9百9十9人はこうして元気で論議できる側に居る。と言えるのかもしれません。

反対意見の方も私も、
「この病気を世の中の多くの人が知っていてくれてよかった。」
「自分も支援しておいてよかった。」
と、本当に心の底から思う時が将来あるとしたら、
それは自分か家族がこの病気を発症した時だと思います。

もしかしたら、そんな日が来るかもしれない。
そう思えば、否定的な反対意見の方々の顔色を伺って踏みとどまる事は出来ないですね。

むしろこんなアイデアを考えた方を尊敬します。

8月9日からの22日間で全米では23億円(通常の20倍)の募金がなされたそうです。

私もよいきっかけをいただいたので、募金します。
もちろん、盲導犬協会や広島の土砂災害への支援も忘れていません。



氷が少ないと突っ込まれそうですが、大量の氷が溶けてこの状態なので、ビールを冷やしたいぐらい冷たい水でした。
posted by 島崎 広彦 at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月24日

8月中にご来院いただく患者様方へ

広島の土砂災害現場で活躍している友人からこのような要請がありましたので、

もしお手元に要らなくなったタオル等がありましたら、

1本お持ちになっていただければありがたいです。

9月1日に発送しますので、8月中にご来院いただく患者様だけで結構です。

10425036_755488091200091_583143322348257138_n.jpg
posted by 島崎 広彦 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記