2014年12月29日

明日最終日です。

今年も一年、様々な経験が出来ました。

たくさんの患者さんから、学ばせた頂いたというのが正しいと思います。

明日最終日を迎えますが、来年に向けてまた新たな武器が身についた、
また新たに解決のお手伝いができる患者さんの層が増したと実感しております。


 さて、今年を締めくくる患者さんはこの方。

症状は、腰や背中の痛み、足のしびれ、腕の痛み その他いろいろ。

治療の目的は、現在入院中のご主人を自宅で介護してあげたいから。

「結婚して53年。 今までお世話になった恩を、今返さなくていつ返す。」

そう言って遠くから必死で通ってくださいました。

初回が12月2日 ご主人が帰ってくるまでの期限は1ヶ月。 
先週の来院時はスゴく調子が良くて喜んでいただけました。

でも、調子が良すぎて、がんばってお部屋を片付けようとして、また少し痛くなってしまって、
緊急で予約を承りました。 

この患者さんのためならどれだけでも頑張れますね。

それよりも、うちの家内にさっきの言葉を聞かせてやりたい。

IMG_1142.JPG
posted by 島崎 広彦 at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月27日

嬉しい出来事があったので。

気分の良い時は、どうでも良いような雑談をたくさんしてしまうのが私の特徴です。

「今日は嬉しい出来事があったので、とっても気分がイイんです。」

患者さんにそう言ったら、
「宝くじが当たったんですか?」 と言われました。

「宝くじが当たったら、今頃は仕事辞めてますよ〜。」 かなりハイテンションです。


実は、大勢の患者さんをご紹介してくださっている開業医の先生から

「ここで治療した患者さんの治り方が考えられないほど速い」
とのお褒めのメールを頂きました。

そして、「上部頸椎カイロプラクティックを学んでみたい。」という一文も。


私の主観でも、患者さんの体感でもない、第三者の、しかも医師の診断結果がきわめて良好で、
しかも、自らの診察に取り入れたいと思わせるほどの治療効果です。

とっても良く表現すれば、そういうことですね(笑)

それが嬉しい事でした。


ベッドの革の張替えは難航していますが、ついでにソファーも張り替えてもらうことにしました。

あの大きなソファーをどかしてみると、
「あら、待合室ってこんなに広かったの?」 と目を疑うほどでした。

IMG_1131.JPG


こちらはパノラマ写真

IMG_1129.JPG




どうでも良い雑談といえば、年代物のベンツで来院されたご夫婦。

奥様が先に検査だったのですが、

「〇〇さんのベンツはいいですね〜」 と、窓の外を見ながら話しかけたら

「はい。だいたい毎日出ますね。」 と答えられました。

IMG_1128.JPG
posted by 島崎 広彦 at 14:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月23日

またもや警察から電話です。 今度は重大事件

夏の北海道旅行中、コンビニ強盗犯人に間違えらた話はブログに書きました。

「北海道を封鎖せよ! ヤツをここから出すな!」の号令のもと、

北海道警察全署員と自衛隊の一個師団で北海道中の道路を封鎖して、
私の身柄を確保するため、躍起になって探していました。

写真は、自衛隊と警察車両に先導されて、警察官が私の車を運転し、
自動小銃を持った自衛官が後ろの席に乗り込み、
そして何かあった場合に備えて、私の車の後ろは戦車が大砲を突きつけて連行されるところです。

IMG_0685.JPG



今日は青梅警察署から電話があり、凶悪事件の捜査のため、事情聴取させてほしいということでした。

容疑者は、受付の山辺。

IMG_1110.JPG


犯行に使われた車の確認です。
(中古車の査定ではありません。)

IMG_1107.JPG




よく、実際にあった事件をドキュメンタリー風に再現したテレビ番組がありますが、

重大事件の犯人は、翌日も何食わぬ顔をして仕事をしている事が多いですね。

 「犯人に新年は迎えさせない」 という警察側の強い執念と
 
 「福山雅治の年末コンサートに行く前には捕まりたくない」 

という、山辺の自己中心的なワガママがぶつかり合っているように見えます。

来年からは受付が変わり、新体制で皆様をお迎えすることになるかもしれません。


 私の患者さんで、作家の さくら剛 さんのお話は以前にもご紹介させていただきました。

昨日はご来院いただいた際、出来上がったばかりの探偵物の続編を持って パチリ 。


今回の事件が、さくら剛さんの作品のアイデアの一部にでもなれば嬉しいです。


さくら剛さんも、どんどんチャレンジされる作家さんです。

旅行記に始まり、科学、心理学、そして長編小説とその才能の輪を広げています。

それでも、「先生に治療してもらっているお陰で書けてます。」
と言ってくれる嬉しい人です。

同時に、「今回の題材は難しい、今回は無理かもしれない、っていつも思います。」
と、作品を作り出す苦しい胸の内も教えてくださいました。

私は全作品を読んでおりますが、どんどんクオリティが上がっています。
だから、
「おもしろんんだから。 自信を持ってくださいよ〜。」と正直に伝え、


「次は恋愛小説じゃないですか?

   その次は、子育て本! 」  ますますプレッシャーをかけておきます(笑)

IMG_1105.JPG



 冒頭の写真は、たまたま前を走っている自衛隊と警察の車両です。

連行されたのは全くのウソで、山辺は逮捕されることもなく、

「ご協力ありがとうございます」 と言われていました。


ちょうど受付の山辺が警察官に事情聴取されている時に、
治療に関するお問い合わせの電話を頂きましたが、
私がうまく対応できずにすいませんでした。 
また何かありましたらご相談ください。

明日も山辺がいると思いますから、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 島崎 広彦 at 15:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記