2015年01月31日

緊張性頭痛 改善計画 @

「島崎先生、大変ご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか??
 先生に治療をお願いしたいと思い、ご連絡差し上げました。

実は8年前くらいから頭のしびれがあり、我慢できる程度だったので特に病院に行くこともなかったのですが、年々ひどくなってきたので病院にいったところ、「緊張性頭痛」と診断されました。

確かに肩こりもひどいので、鍼治療や整骨院やカイロ、マッサージなど、いろいろと試してはいるのですが、全く改善されず本当に困っております ><

最近は頭が痛すぎて、仕事にも少し支障が出てきました。
また、病院ではコリを取る薬を処方されましたが、こちらもあまり効果はありませんでした。。

ちなみに今、妊娠2か月なのですが、治療はお願いできますでしょうか?
もし可能でしたら、予約は週明けに、お電話でさせていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

お忙しい中、突然のご連絡で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします!」 

↑ ここまで。 
どこに行ってもダメ。 
鍼灸、マッサージ、整体、カイロ、筋肉弛緩剤、どれをやってもダメ。
もうこうなったら、ちょっと遠いけど(ちょっと苦手なオヤジだけど)島崎に診てもらうしかない。

以前勉強会で一緒になった友人から、治療家魂を揺さぶるメールを頂きました。

シャトル君のように、改善記録を発表できればと思います。
まあ、女性ですからモアレ写真は載せられませんが。

肩こりから緊張性頭痛はとてもよくある現象です。
おそらく眼の奥が痛かったり、吐き気もあることでしょう。

妊娠も後期、初産でも7ヶ月目には胎盤がおへそぐらいまで来ますから、
どうしてもお腹を突き出し反り返った姿勢になります。

そこから首が前に突っ込むように戻ってくるので、より肩こり首こり頭痛が増加する事が多いです。

現在妊娠2ヶ月ならば、遅くとも5ヶ月以内に改善してしまいたい所。

私のプランでは2ヶ月で改善して、その後は痛くない中で、
快適な妊娠期間を過ごせるようにケアさせていただきたいと思います。

腕が鳴る! ご予約は明日の午後5時50分です。
posted by 島崎 広彦 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 緊張性頭痛

2015年01月30日

青梅の雪の状態

おはようございます。
天気予報が当たり、今朝から雪の状態です。
道路までは積もっていませんが、畑はもう真っ白。
青梅線も今のところ通常に運行しています。
それでも、朝から予約変更の電話が鳴り止みません。

IMG_1218.JPG


ソファーが貼りあがりました。

IMG_1219.JPG


ベットはピンクにしました。

IMG_1220.JPG


革見本の時は可愛らしかったのですが、ちょっと、これは・・・・
しばらくすれば見慣れると思います。

IMG_1221.JPG


ギョッとする方には、
「このブツブツがツボを刺激して、
  それで治るんですよ〜 たぶん」 って説明するしかなさそうです。
posted by 島崎 広彦 at 09:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月27日

シャトル君 1週間後の2回目

「ん〜 まだ痛いけど・・・」  来院して第一声はコレ。

 【頸椎の椎間板ヘルニアのお友達・治療日誌の第2話です。】

この間に床屋さんに行ったみたいです。 もしや・・・

「ヒゲ剃りする時、上向きに寝ているのが痛くなかった?」 そう聞くと、

「そう! スゴイ痛かった。 余計に痛くなっちゃった。」 との答え。


検査は次の通り。 上が初回治療前。 下は今回治療前。

IMG_1240.JPG


IMG_1212.JPG


また右肩が下がってしまっているけど、
骨盤の高さが揃ってきています。 
臀部の上部にできるモアレの Mの字 等高線模様が、右下がりから平行になってきています。

これは一度全体が変化して、最近また頸椎、そして上半身が歪み始めた状態です。

ちょっと首も左に傾かず、スッキリ伸びているように見えませんか?
髪型のせいかな(笑)

「あれ、一時期良かったみたいね。 最近また曲がった感じだけど。」

「やってもらった後は楽だったんだけど、楽と言ってもまだ痛いんだけど、
 すっごく痛いから、ちょっとでも楽になると、楽なんだよね〜。
 激痛はしなくなったけど、夕方は辛くなるね〜。」


早くも改善の方向に大きく進んでいます。
もちろん、骨盤が揃っていますから、足の長さも左右ピッタリ。

今回も初回と同じ頸椎の右側からアジャストメント。
休息40分。

「あ〜 やっぱりやってもらうと楽なんだよね〜。
  ところで、これシップ貼っておいていいの? 」

「お願いだから、シップだけははらないで〜。
 血液を流したいから。 慢性化した症状にシップは禁物ね。」

楽しくなってきたから、次も 特別扱いの1週間後 に来てもらいます。

任せておけよ。 シャトル!

「なんかいい感じがする」 そう言って帰って行きました。
posted by 島崎 広彦 at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 頸椎ヘルニア