2015年02月27日

すべり症 脊柱管狭窄症 への対応

すべり症や脊柱管狭窄症の治療は可能か?
というお問い合わせが多いです。

すごく難易度の高い治療になるので、慎重にお応えします。

その中でも気になるというか、一言申し上げたい事が2つありまして、
1つ目は、
すごく大変な状態になっているのに、それを認識していないタイプの方々。

「1回で治るって聞いたのですが。」 とか、

「病院に行くとすぐ手術しなさいって言われるんだけどイヤでね。
 痛みだけとれればいいんですけど。」 とか、

すべり症 狭窄症を軽く見ているな〜 と感じます。

もう1つ、2つ目は、
それ、誤診じゃないけど、違うんじゃないの? というタイプの方々。

症状を聞くと、どうもすべり症や脊柱管狭窄症の特徴が現れていない。

先日も すべり症 及び 脊柱管狭窄症 の診断を受けている女性患者さんが受診してくださったのですが、
それ、違うんじゃないの? という症状でした。

整形の先生がレントゲンとかMRIを見間違えることはないので、
腰椎はすべっているし、神経の通り道も狭くなっているのでしょうけど、
「(ご本人が悩んでいるのは)それが作った症状じゃないでしょ〜」
と言いたくなるのをグッとこらえて、検査に入りました。

姿勢が悪い。これ、姿勢が悪いから出ている症状ですよ! 
と言いたいのですが、実際に口を出た言葉は、

「とっても姿勢が悪いですね。 なんかこの〜
 ホッテントットみたいですよ。」

それに対して、
「先生〜 それは〜 (苦笑)」
乙女心を踏みにじられた〜って感じの反応だったので、

「あれっ、禁句でした(笑)」 ちょっと地雷を踏んでしまったかと聞いてみると、

「子供の頃から言われているんです〜」

ほ〜らやっぱり。 これでわかりました。
みなさんもわかりました?

長年おしりを突き出すように立っていたという事なのですが、
そのような姿勢になってしまうのは、股関節か大腰筋の異常です。

そして、悩みの症状は、そこに起因するものでした。


すべり症 脊柱管狭窄症 

骨のすべりの度合も大から小まで、
脊柱管の狭窄度合いも大から小まで、

先日の患者さんのように、
悩みの症状は、そこには関係ない場合もあります。

本当にすべりも狭窄もヒドイのであれば、
手術をしないと痛みすら取れないかもしれません。

私の母がひどいすべり症なので、すべり症の治療は
私自身が一番身につけたい技術なのですが、
腰の骨を前から押すことは出来ないので、(お腹の中の臓器がジャマです。)
すべり症の割には、楽。 というのが目指すべき状態になります。

すべり症や狭窄症じゃない人と同じには治らないのです。

手術をしても全て症状が取れるわけでもない事が多いようです。
手術で金具を入れると、また何か違和感がある。

手術をしても何かを我慢して、
手術をしないとずっと我慢すべき症状はある。

どっちの我慢を選ぶのか?
手術をしない場合の我慢をなるべく少なくするために、
「私の母にするのと同じ治療だったら出来ます」
というのが答えです。
posted by 島崎 広彦 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | すべり症 脊柱管狭窄症

2015年02月24日

医療の水準に適合する

本日も神経内科の院長先生からご紹介いただいた患者さんが来院してくださっています。

上品な封筒には、診療情報提供書とレントゲンのコピーと共に、
私に対する格別なリスペクトが入っています。

IMG_1341.JPG



整形外科からのご紹介ではないので、症状は痛みではありません。

自律神経失調症を代表に、めまい、耳鳴り、シビレ、そして、ひどい頭痛
といった方々です。

この様な症状の方々は、
多くの医療機関で原因不明という先の見えない宣告をされ、改善されず、
もがき苦しんで心療内科や神経内科を訪れる事が多いと思います。

時には十種類以上の薬を処方されていたり。

そんな方々を救うために活躍している 
ある神経内科クリニックの院長先生が、

診察の中で頸椎に問題がある場合に、私のオフィスを紹介してくださっています。

お医者さんが患者さんとして来ていただくのは珍しくはありません。
脳神経外科医 外科医 内科医 眼科医 耳鼻咽喉科医 皮膚科医
心臓外科医 産科医 その他の専門医の先生方。

整形外科医の先生以外は、ほぼ受診してくださっています。(笑)

しかし、お医者さんが自らの大切な患者さんを委ねてくれるのは別次元です。

特に自律神経失調症への有効性を認められています。


これまで20名の患者さんをご紹介いただいて、ほとんど効果が感じられなかった方は1名。
20分の1。 換算すれば、100名中5名。 
これは 95%の効果率 と表現されます。


先日のブログに書いた 世界最高水準・最新医療適合水準の技術 というのは、
厳しい医療の目で見ても、「的確に治療効果を出している」と認められる結果であり、
医療の用語では 「エビデンス」 と言われる、立証できる結果を出せる技術です。


そんなエビデンス積み重ねていく事が出来たら、上部頸椎カイロプラクティックの新たな可能性が広がるのではと期待しています。

世界最高水準。 効果率 99%以上 を目指して。

こんなこと書いたり言ったりすれば、また一段と厳しい世界で評価され批判を受け、
どうせ途中で「もう辞める」ってグチると思いますが、
ちょっと休んでもめげずに辞めずに目指し続けます。

いつかこれが達成できたら、「やりきった。悔いのない人生だった。」と、
胸を張って言える気がします。
posted by 島崎 広彦 at 22:07| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月21日

技術の話のついでに。

《バイクレーサーのプロ定義 メンタル&フィジカル》

 真のプロには「今日は体調が良くない」「今回は集中しきれていない」という言葉は存在しない。
そんな甘えや言い訳を存在させていては、プロフェッショナルな仕事を完結させる事ができないからだ。

勿論、プロでなくてもバイクに乗れるし、レースにも出場できる。
だからこそあらゆる処に「誘惑の逃げ口」が待ち受けていることを、
プロフェッショナルは忘れてはならない。

プロとしての自覚を持つには、他人から得られる良き評価も大事なことだが、
そんなことより百倍大事なことがある。

それは・・・・・
  出典 片山敬済 氏のフェースブック 


私も以前、筑波サーキットや富士スピードウェイを、車で走りに行くことがありました。

筑波サーキットは1分6秒前後。 
2000ccターボのラジアルタイヤとしてはまあまあ早い方に入りました。


しかし、毎回ラップタイムが大きく変動します。

トッププロドライバーはコンマ数秒のズレで周回を重ねます。


カイロプラクティックの技術にも、
アマチュアレベルから真のプロフェッショナルまで、大きな格差があると思いますし、
差があるのは当然じゃないかと思います。

肩こりぐらいを改善できるのと、長年の頭痛や手のシビレを改善するのは差があります。

「気分が良くなった」と言われるのと、
「長年の苦痛から開放された」と言われるのは、大きな差があります。


私は今年、新しい目標を持ち大きなチャレンジをしようとしています。
その目標を満足のいく結果で達成できるように、

世界最高水準 

先進医療適合水準 

このレベルを目指さし、日々努力をしなおしています。
posted by 島崎 広彦 at 10:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記